薬局薬剤師のお給料の実態

薬局で働く薬剤師といえば、なんとなく「お給料良さそうだな」という印象をお持ちの方も多いと思いますが、実際に私が薬剤師となって働いてみた感想としては「20代まではいいかもしれないけど、30代を超えるとそうでもない」というのが正直な感想です。
薬局で働く薬剤師は、病院薬剤師よりも年収がいいですがドラッグストアで働く薬剤師よりは年収が下がります。大体20代後半で400万円は超えるので、同期の他の職種で働く新人の人よりちょっと良いぐらいでしょうか。しかし薬剤師のお給料の落とし穴として、なかなか昇給しづらい一面があります。管理薬剤師という役職についてはおよし月収が1万から3万程度しか上がらないし、その会社の課長や部長クラスにならない限りほとんどお給料が変わりません。なので、年収をあげたい場合は会社に取り合うよりもさっさと転職して年収を上げていくほうが簡単なので転職が多い業界でもあります。ただどんなに努力しても、なかなか年収が800万から1000万円レベルに乗る人は少数派です。30代の後半になると同じ薬剤師でも製薬会社でMRをしている人のほうが年収はいい場合が多いです。なので時々、薬局薬剤師に20代で見切りをつけて大手の製薬会社へ転職していく人もいます。
なので、正社員として働く分には薬局薬剤師というのはほどほどのお給料でやっているというのが実際です。ただし、資格がある分転職もしやすいので普通の職種と比べると自由度は高いかもしれません。