薬剤師として復職する点について

世の中には人の役に立てる仕事が多いかと思われます。
特に人の命の救いに繋がる職業は憧れの職種となり、志す方も大勢いらっしゃいます。
そんな職業の中に薬剤師という職業があります。
一旦は薬剤師として第一線で活躍するも結婚や妊娠、諸事情により退社し再び薬剤師として活躍したいと願っている方も多いかと思います。
そんな薬剤師復職する点について掲載していきます。
まずは再就職しやすい点です。
薬剤師は大学にて薬理学を学び、国家試験に通過しなければ保有出来ない資格となっています。
その為、薬剤師を志すも資格保有まで辿り着けない方も多くいます。
そうなると薬剤師として活躍している方の人数も少ないものとなる為、人員不足となっています。
その為、有資格者であるならば就職先が見つかり易くなっています。
次に新薬についての勉強が必要となってくる点です。
日々技術が進歩している今日において新薬も多く登場してきております。
いくら薬剤師の資格を保有していても、第一線から離れている数年の間に数多くの新薬が開発されています。
まずはこの新薬についての知識をイチから学ぶ必要があるのです。
新薬の効果や用法等をしっかりと把握してなければ、患者さんに対して処方する事が出来ない為です。
働きながらまたイチから学ばなければならない為、家庭での自由な時間さえも削られてきてしまう可能性もあるのです。
薬剤師は素晴らしい職業となっていますが、安易に復職は出来ないのです。

柔軟な働き方を実現できる薬剤師

薬剤師の仕事は、柔軟な働き方を実現できる特徴があるとされています。実際に希望する頻度や働き方で、薬剤師として勤務する人が飛躍的に増加しつつあると考えられており、活躍する環境が整備されることにも直結しているのではないかとみられています。また、柔軟な勤務の在り方を取り入れることを推奨する職場も多くなってきていると考えられているため、このような薬剤師の働き方に関する傾向が強くなることに絡んでいると言えるのではないでしょうか。以前に比べてフレキシブルに働き方を決めることを良いと認識する職場が増加しているため、薬剤師が自分に合った働き方を選べる可能性が高くなってきていると推測されています。
近年では、新たに薬剤師になる人が継続的に多い状態が続いています。そのため、このようにして柔軟に働き方を設定できる傾向が強いことに関しては、働き続けることにも作用するものとして捉えられています。勤務形態だけではなく、雇用の在り方も複数の選択肢があるため、家庭と仕事のバランスを自分で設定できる薬剤師も増加しているのではないかと思います。今後も同様の傾向が、多くの職場において見受けられていくのではないかと考えられていまするそのため、薬剤師として働き甲斐を感じながら、多方面で活躍するケースが高い頻度で見受けられるのではないでしょうか。また、他の仕事よりも柔軟に働ける特徴が、より強化されていくのではないかと見込まれています。

薬局薬剤師のお給料の実態

薬局で働く薬剤師といえば、なんとなく「お給料良さそうだな」という印象をお持ちの方も多いと思いますが、実際に私が薬剤師となって働いてみた感想としては「20代まではいいかもしれないけど、30代を超えるとそうでもない」というのが正直な感想です。
薬局で働く薬剤師は、病院薬剤師よりも年収がいいですがドラッグストアで働く薬剤師よりは年収が下がります。大体20代後半で400万円は超えるので、同期の他の職種で働く新人の人よりちょっと良いぐらいでしょうか。しかし薬剤師のお給料の落とし穴として、なかなか昇給しづらい一面があります。管理薬剤師という役職についてはおよし月収が1万から3万程度しか上がらないし、その会社の課長や部長クラスにならない限りほとんどお給料が変わりません。なので、年収をあげたい場合は会社に取り合うよりもさっさと転職して年収を上げていくほうが簡単なので転職が多い業界でもあります。ただどんなに努力しても、なかなか年収が800万から1000万円レベルに乗る人は少数派です。30代の後半になると同じ薬剤師でも製薬会社でMRをしている人のほうが年収はいい場合が多いです。なので時々、薬局薬剤師に20代で見切りをつけて大手の製薬会社へ転職していく人もいます。
なので、正社員として働く分には薬局薬剤師というのはほどほどのお給料でやっているというのが実際です。ただし、資格がある分転職もしやすいので普通の職種と比べると自由度は高いかもしれません。

薬剤師は薬を変更することができません

私は2週間に1回と4週間に1回、病院に通院していて、薬局に薬をもらいに行くのですが、一つの薬局では、たくさんの薬剤師が働いているにもかかわらず、すごく待たされます。7〜8人の薬剤師が働いているのですが、なかなかお薬が出てこないのです。もう一つの薬局は2〜3人が働いているのですが、それほど待たなくてもお薬を渡してもらえます。
薬剤師の人はお薬の説明をするのですが、毎回同じお薬を処方されていて、変化がないのに、必ず「何か気になることはありませんか?」と聞かれます。気になることがあったら、かかっている主治医に伝えているので、薬局でいうことではないと思うのです。毎回同じことを聞かれるのですが、何か変化があったり、不具合があった場合は主治医に言うので、薬剤師に言ってもお薬の変更ができる立場ではないと思うのです。それで毎回、同じことを聞かれるので、仕方がないな、と諦めていますが、先日、同じことを聞かれたので「ここで何か言ってもお薬の変更はできるのですか?」と聞いたのです。すると変更はできませんということで、それだったら聞いても仕方がないのではないかということになったのです。薬局の決まりになっているのだと思いますが、先日は研修中の薬剤師さんがお薬を渡してくれたのですが、お薬手帳がいっぱいになったので、新しいのをもらおうとしたら、スムーズにいかず、ベテランの人が出てきてやっとお薬手帳をもらうことができたのでした。